潰瘍性大腸炎 てつやさん 低糖質と長生き味噌汁はおすすめです。





 

どうも、えむです。

ふと、潰瘍性大腸炎でほかの人はyoutubeでどういう動画を上げているんだろうと気になって検索してみると、「潰瘍性大腸炎 てつや」という候補が上がってきました。

すこし動画を見てみると、どうも有名youtuberの東海オンエアのてつやさんが潰瘍性大腸炎かも?みたいな動画がちらほら。

てつやさんが潰瘍性大腸炎である!という動画まではたどり着けていないのでこれをやったら治るよ!

とも言えませんし、ボクは医者でも医療従事者でもありません。

もちろん栄養士でもありません。なので、やっぱり絶対にこれやってほしいとも言えません。

なので、もしやるとしたら、ちゃんと主治医の指示にしたがってもらいたいですし、何があってもボクは責任も取れませんし、自己判断でお願いします。

えむは、潰瘍性大腸炎とガッツリ診断されました。

誤診でなければ、ボクは潰瘍性大腸炎なんだろうと思います。

その後、投薬(リアルダ)の成果もあってか、下血の症状は治まり、4週間に1度、2年ほど通院することになります。

2年ぐらい病院に通っていましたが、ある時、先生に「なんか最近たまに下すときがあるんですよね」とポロっと言ったところ、それは不味い、過敏性腸症候群?かもしれない。ということで薬が増えました。

その後、胃カメラを受けると、逆流性食道炎だ。と言い、また薬を増やそうとしました。

食べ物が悪いんですかね…。と言うと、

「いや、潰瘍性大腸炎は食べ物の影響は関係ないといわれているね」とのこと。

お医者さんは高学歴だし、社会的地位も高い。今でも信頼していい存在だと思っています。

が、その時純粋に、

「いや、なんでちゃんと欠かさずに通院して薬を飲んでいるのにどんどん悪化していくんだろう」

と、思いました。

お医者さんに任せていて自分で病気のことについてほとんど自分で調べることをしませんでした。

そこで、いろいろと自分で書籍を購入して調べていると、潰瘍性大腸炎で関係しているかもしれないという事象にぶつかります。それは、

①糖質制限(低糖質、糖質摂取過多)

②歯(歯磨きの習慣)

③長生き味噌汁

④生活習慣(睡眠、ストレス)

個人的な感覚だと症状の悪化原因は①が半分、残りが②、③のような気がします。

が、ひとつだけはっきりしていること。

それはこの①~④を気を付けてデメリットがひとつもない。

ということ。

ただ①は過剰にやり過ぎると危険だと思います。適度(低糖質)をこころがけるぐらいがちょうどいいと思います。

二年の寛解状態が続いていることもあり、ボクは自己責任を負うという自己判断で通院することを止め、食生活の見直し、生活習慣の見直しを行いました。

現在、通院を止めて薬を1錠も飲まない状態が2か月ほどです。

この文書がてつやさんに届くかどうかは分かりませんし、医療従事者でもないので、これで症状がよくなるかはわかりません。

とりあえずボクは自分のためにもほかのもし苦しんでいる人がいれば、その支えになればとの思いから、毎日自分の食事内容のルーティンを公開することにしました。

何かの参考になっていただければ幸いです。

ちなみに参考文献はこちらです。あ、岡崎なんすね。結構ご近所さんだわ。

◆2020年2月16日の食事内容◆

・鍋
(食材)白菜、椎茸、しめじ、ブロッコリー、鶏肉つみれ、れんこんもち、絹豆腐
(味付け)赤味噌、白味噌、玉ねぎ、リンゴ酢 水500ml
(雑炊)米0.5合 卵1個

・ファミチキ 1本

・ソイジョイ 2本

・コーヒー(ブラック)4杯程度

・ガム(キシリトール) 4個

■まだ本格稼働前ですが、ほかにもyoutubeチャンネルやってるのでよろしければみにきてくださいませ。

★えむのチャンネル一覧★
①魔改装!!DIY部

②えむの免許資格取得部

③魔改造!!革細工レザークラフト部

④潰瘍性大腸炎えむの朝食ルーティン

⑤健康探究家 ヘルスシーカー えむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)