【画像あり】潰瘍性大腸炎って診断されたけどロカボ(低糖質)心掛けた結果。健康診断結果をお見せします。





どうも、えむです。

もう、治ったと思ってるし、twitterの垢も削除したので、潰瘍性大腸炎絡みは最後かも。

もし、あなたが潰瘍性大腸炎の症状で苦しんでいて、

もし、どうにかしたいという思いでこの記事にたどり着いたのであれば、

もし、この記事を読んで改善が見られたのなら、

もし、あなたに情報発信する意思があるのなら、

もし、あなたに情報発信する知識があるなら、

この記事を読んでいる、あなたにこの情報を発信してもらいたいです。

最終話は、初めからこうしようと思っていました。

今までは「告ぐ」つもりで記事を書いてきました。

あなたにボクと同じような改善がみられるかはわかりません。

個人差があり、人によると思います。

ですが、ボクの潰瘍性大腸炎に関する情報をあなたに「継ぐ」事にします。

お大事にしてください。

はじめに

今回晒す、潰瘍性大腸炎罹患者である、ボクの健康診断結果。

個人のデータなので他の人に当てはまるか分からないので、その点は留意してもらいたく。

なので、このデータをどう感じ、どう行動するかは自分の判断で行ってもらいたく。

決してボクの対処方法が正しいから、あなたもそうしてくださいというものではありません。

あなたの体です。

あなたの判断を優先してください。

責任は取れません。

今までブログ、またはtwitterで絡みがあった人がいれば、分かる通り、ボクは寛解(緩解)状態と思う。

下血もないし、腹痛もない。

むしろ、今までで一番?健康かもしれない。

体も軽いし、youtubeのチャンネルも複数作るぐらい色んな事に意欲的になった。

これらは徐々に成果が上がりつつあるのでこのまま続ければいい感じになりそう。

低糖質生活(ロカボ)のおかげのおかげだと思う。

薬は一切飲んでない。

潰瘍性大腸炎の症状なんて微塵も感じない。

健康診断結果、晒します。

潰瘍性大腸炎罹患者の健康診断

コロナのおかげで延期が続いていた健康診断結果、早速、晒します

ものすごく改善した。

が、不整脈はある。これは以前、転職期間の時も症状はあった。

現在、ボクは転職期。8月中旬から次の職場。

今後も経過観察、もしまずいと思うようなら医療機関を受診したいと思う。

また、追っていきたいところはピンクのマーカーを入れた。

経緯

おそらく潰瘍性大腸炎に罹患して10年ぐらい。メサラジンやらアサコールやら服薬していた。

その後、リアルダへ。朝4錠、調子が良くなれば2錠に減らすなどの指示があった。

ステロイドは使用していない。

2019/07~10は服薬(リアルダ朝4錠)していないと調子が悪くなっていた時期。

2019/11月下旬?頃から徐々に薬を減らしていき、通院を止めた。(正確な日時は曖昧)

2020年1月からは完全に薬を飲まない生活&低糖質の食事に切り替えた。

以前は、服薬&低脂質(低残渣?)を心掛けていた。

2020/07は服薬しておらず、糖質中毒でもない。

むしろ、今までで一番かもしれないぐらい調子がいい。

体重

半年で、約-12kg

周りの人から何があったのか?と聞かれるほど痩せた。

前回、再燃期、この時の健康診断結果でコレステロールを下げてみようと思い、情報収集を始めた記憶。

このまま減り続けるなら問題ありかと思い、スマート体重計で推移を計測してみる事に。

スマート体重計での体重推移

体重推移を計測してみる事にした。

2020/08/01 57.8kg

体重の最近の推移
体重推移1

現在は炭水化物の摂取量で、意図的に体重をコントロールしている

2020/08/12 59kg

体重の最近の推移
体重推移2

体脂肪、骨格筋率等

筋トレは欠かさず行っているので、骨格筋率の高さはあると思う。

体脂肪率、骨格筋率等
体脂肪率、骨格筋率等
基礎代謝量
基礎代謝量

改善、もしくは大きく変わったところ

数値データで考察してみる。

ちなみにボクは医療従事者ではなく、一般人。

ネット情報のみで考察するので、勘違いなく。

肥満度%

肥満度
肥満度

2019/07 -0.1 

2019/10 3.3

2020/07 -14.0

見ての通り、痩せた。が、上述のようにコントロール出来ている。

そもそもこの適正値もコロコロ変わるのので、個人的には今ぐらいがちょうどいいと思う。

貧血 赤血球

赤血球
赤血球

2019/07 514

2019/10 485

2020/07 461

貧血とは

血液中の赤血球およびヘモグロビン(血色素)の量が正常値より少なくなった状態を言います。ヘモグロビンは赤血球の表面の薄い膜の中になる血色素で、身体中に酸素を運び二酸化炭素を持ち帰ってくる役目を担っています。このヘモグロビンや赤血球が少ない、ということは酸素の運搬が悪くなって、各臓器へ酸素提供が不足している、ということです。脳に酸素がいかなければ「めまいや頭が重い、フラフラ感」として現れますし、筋肉組織では「身体がだるい、疲れやすい」というような症状が出てきます。

引用元:http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/minamitouhoku/topnews/201003/hinketsu.htm

→確かにフラフラ感は感じる時がある。

レバーなど、鉄分が多い食事を心掛けようと思う。

総コレステロール

脂質
総コレステロール

2019/07 253 H

2019/10 206 H

2020/07 184

コレステロールはなぜ高くなる?

コレステロールが高くなる原因には、体質(遺伝)、脂肪の多い食事(欧米スタイルの食生活)、運動不足などがあり、男性は40~50歳くらいから、女性は閉経を迎える頃から高くなることが多くみられます。

引用元:http://www.shionogi.co.jp/wellness/diseases/dyslipidemia.html

脂質はむしろ多く摂取してきた。

普通に昼の食事でファミチキ、焼き鳥を摂取してきたので、「脂肪の多い食事」というより、炭水化物(糖質)の過剰摂取による中性脂肪の蓄積が原因の気がする。

そもそも脂質は余分に摂取した脂質は、排出されると思ってる。

中性脂肪

脂質
中性脂質

2019/07 135 

2019/10 135 

2020/07 90

結果的に痩せたのだからそうなりますよねって思う。とりあえず適正値なので問題なし。

HDLコレステロール

脂質
HDLコレステロール

2019/07 66

2019/10 49

2020/07 81

まずHDL-コレステロールが低いと、動脈硬化性疾患になりやすいと言われています。

引用元:http://www.cellgentech.com/low_hdl_general.html

納得の結果と言えばそう。動脈硬化性疾患にはなりませんよねって思う。

LDLコレステロール

脂質
LDLコレステロール

2019/07 171 H

2019/10 135 H

2020/07 96

コレステロールが動脈硬化を起こす仕組み

動脈硬化は、血管の壁が厚くなって血管の内側が狭くなった状態を言いますが、これは血管壁の中にコレステロールがたまることが一つの原因です。血液の中に、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増えると、それが血管壁に入り込んで、コブのような動脈硬化ができます。なお、善玉コレステロール(HDLコレステロール)は逆に動脈硬化を防ぐ働きがあります。動脈硬化が進むと、心筋梗塞・狭心症や脳卒中、足などの血管がつまる病気(閉塞性動脈硬化症)になることがあります。

引用元:http://www.shionogi.co.jp/wellness/diseases/dyslipidemia.html

シーソーのような感じに思う。

HDLが増えれて、LDLが減るのは動脈硬化が防げるということと理解。

改善している。

糖代謝 HbA1

糖代謝
糖代謝

2019/07 5.7 H

2019/10 5.8 H

2020/07 5.4

食後血糖値については、わざと高まる時間(0.5H~1H)に健康診断を受けてみた。

なので問題ないと思うし、この後時間経過とともに、徐々に下がると推測。

血糖値の高い状態が続くと、ヘモグロビンに結合するブドウ糖の量が多くなるので、HbA1cは高くなります。

引用元:http://www.ncvc.go.jp/hospital/section/ld/endocrinology/hba1c.html

一か所、要注目箇所があった。

血糖値が高いほどヘモグロビンに結合するブドウ糖の量が多くなります。いったん糖化したヘモグロビンは、赤血球の寿命(120日)が尽きるまで元には戻りません。

引用元:http://www.ncvc.go.jp/hospital/section/ld/endocrinology/hba1c.html

個人的にも、色々試すにも、、最低でも3か月は続ける必要があると思っている。

血液一般 白血球

白血球
白血球

2019/07 4100

2019/10 4800

2020/07 5800

白血球数がおおむね3500/μL以下の状態で、多くの場合は好中球の減少によります。風邪などのウイルスに感染した場合に一時的に低下することも多いですが、白血病、骨髄異形成症候群、再生不良性貧血などの血液疾患や薬(抗がん剤など)の副作用などの重大な問題が隠れている場合もあります。健診などで指摘された場合はすぐに再検査を受けましょう。

引用元:https://ligare-clinic.com/explain/explain8.html

白血球が増加と捉えるか、白血球が減少していて、回復したのか?

「リアルダ」免疫抑制剤の副作用ととらえるか微妙な所。

2019/07時点はしっかり欠かさず服用していた。

が、疑問を感じ始めた同年10月は少しずつ減らしていた記憶。

そして2020/07では、完全に服用を止めている

潰瘍性大腸炎(IBD)の考察

以下、自分なりに潰瘍性大腸炎について自分の症状含め、対処法を考察。

東海オンエアのてつやさんやもこうさんなども。

yuoutuberさんでもやもこうさんなどでも知られる潰瘍性大腸炎。

若い方を中心に広がっているように感じます。てつやさんはたまに動画を見ますが、もこうさんはごめんなさい。

あまり知らなかったです。

症状

腹痛や血便、1日に数十回程度トイレに行かれる方も。

また、重症化すると大腸摘出する方、大腸がんの発症リスクも高くなるみたい。

私の症状としては10年近くIBDの症状があったのではないかと思う。

現在は通院をやめ、普通にロカボという食事方針にして筋トレをして、このサイトとは他にyoutubeチャンネルを立ち上げて、普通に日常を楽しんでします。

通院、投薬を止めて10か月が経過しました。勿論、下血の自覚症状や腹痛もありません。

また、私の現在の症状は、排便1日1~2回程度、腹痛もありません。

再燃時、発症時は5~10回以上はトイレに行っていた記憶です。

通院している時は、炎症性腸疾患治療薬として、流通している代表的な薬である、メサラジン、アサコール等、途中から過敏性腸症候群(IBS)も発症していると主治医に言われ、ファモチジン等の薬が増えたことも。新薬「リアルダ」、ペンタサ坐剤へと。

その経緯と診断書等はこちらのブログにまとめました。

↓↓えむのブログはコチラ
https://kiwamini.com/2020/03/19/emu-4/

原因

個人的には食生活が第一、そのあとストレスと思う。

twitterでもそういっている人は散見された。ご参考までに。

情報収集で心掛けた事

twitterで寛解状態にある方と直接DMやり取りをするなど情報収集に努めた。

※大量のビッグデータを元にした検証、論文等やエビデンスがあるわけではない。

参考までに。

が、糖質が原因と考え、それをちゃんと調べて実践して寛解状態を維持している人が多い事も事実

また、そういった書籍、ブログ等の情報発信されている方も多いの事も事実

個人的には、潰瘍性大腸炎、IBDに関わる医療系の最新ニュースはチェックしたほうがいいと思う。

twitterでもそういった情報発信されている方は多い。日々、新薬の開発、導入が進んでいる。

常に最新ニュースの情報収集につとめたほうがいい、と個人的には思う。

内視鏡検査

症状(下血、激しい腹痛が日に何度もなど)があったら胃腸内科で内視鏡検査をしたもらうと分かると思う。

症状が出たら胃腸内科で詳しく聞いてもらうといいかと思いますが、私の分かる範囲、経験で記述します。

検査は前日から専用の食事、当日絶食、下剤、腸の中身をすべて出して検査。

半日程度かかると思います。病院によって違うと思いますので詳しくは主治医にお尋ねください。

費用は予約日~検査~診断結果までで大体2~3万円程度かと思う。

これも病院によってバラつきがあるかと思う。

レシピ

ボクがやっているのはロカボという低糖質な食事、糖質(炭水化物)を100~120g程度に抑えてあとは好きなように食べるだけ。

特に難しい事はありません。

体重が減り過ぎているなと感じたら炭水化物の量を200g程度に増やす。

最近ではコンビニでもロカボマークの食品、お菓子も見かけるようになりました。

興味があればローソンにお立ち寄りください。

↓↓ローソンロカボについて
https://www.lawson.co.jp/lab/kenko/art/1350949_4665.html

また、人にとって不可欠な3大栄養素である「タンパク質」「脂質」「糖質」のうち

「タンパク質」「脂質」の摂取を多くしている。

「糖質」については上述の通り100g前後を目安に。

↓↓ロカボについてはコチラのサイトにて詳しく説明されています。ご参考に。
https://locabo.net/

また、コーヒー多飲、オリーブオイル、白ワインは摂取するように心がけている。

↓↓おススメの本はコチラ。
https://amzn.to/33QSjF5

ガイドライン

医療機関であれば、低脂質のものを食べるよう推奨されると思う。

よく言う低残渣食。個人的には関係ないと思った。

むしろ、脂質は必要であるとさえ思うし、そういう書籍も目にしてきた。

食事について

レシピは特に作っていませんし、ロカボは1日の糖質(炭水化物)の摂取量を気にするだけ。

上述サイトをご参考に。

手術 入院について

病院で手術や入院した場合、低残渣食という食事が一般的かも。

エレンタール?っていうゼリーのようなものを食事にする人もいるよう。

個人的にはどんどん悪化して行くのでは?と思ってしまう。

素人考えかもしれないが、運動しなければ筋肉は衰えていく。

腸だって運動しなければ衰えていかないのだろうか?

そんな人達を横目に見ながらtwitter活動をするのは正直しんどかった。

また、入院も人によって期間は様々。詳しくは主治医の判断を。

潰瘍性大腸炎 有名人について

有名人でも罹患している方も。

有名ジャーナリスト、脚本家、女優さんやスポーツ選手まで。

漫画家さんでも「腸よ鼻よ」という無料で読める漫画を書かれている方もみえる。

興味があれば、検索を。

あなただけではありません。極度に不安がる必要はないかと思う。

症状が辛い時の気晴らしにはなるかと。

再燃の可能性

あるかもしれませんが、とりあえず今までで一番いいコンディションなのでロカボを続けてみたいと思う。

勿論、症状が再燃、再発した場合は通院予定。が、違う病院に行くと思う。

最後に

深夜、腹痛に苦しんでいる方も多いかと存じます。

「糖質中毒」「糖化」に関する情報も最近見かけるようになりました。

この潰瘍性大腸炎やクローン病といったIBDで苦しんでいる方の

少しでも、助かるきっかけになれば、、幸いです。

ご幸運をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)